狙撃

2016.04.08 (Fri)




それは突然の爆音。

左のこめかみの上。
ズッガーーーーーーーーーンっ。


至近距離で狙撃され、
多分私は死んだ。



(かあちゃん、アタマだいじょーぶ?)


目が覚めた。

時計を見る。
ベッドに入ってから30分しか経っていない。
何だったのだ?
今のは?
心臓がバクバクしている。
どうやら生きてるらしい。
出血していない。
頭の中の血管が破裂したんだろうか。
このまま、もう一度眠って大丈夫だろうか。
もう、朝が来ないんじゃないだろうか。





毎日を
最後の日だと思って生きようと
心に言い聞かせていたつもりだったのに、
この恐怖は何だろう。
死ぬのは怖い...
本当に朝が来ないとわかっていて
眠ることができるものなんだろうか...
私の頭は
どうなっていくんだろう...





目が覚めた。
今度は静かに。


結局私は眠ってしまい
そして
次の朝が訪れたのだ。




「頭内爆発音症候群」
わりと普通に経験することらしい。








back-to-top