宴の後

2016.07.25 (Mon)



H教官へ


主賓のO氏のことが大好きで
O氏の企画するイベントなら何でも
手伝いに奔走していた
若いころのあの人。
本当ならこのお祝いの中心スタッフになっていたよね、
そう思って、こっそり
MC席の下のバッグに写真を隠していました。

見事、H教官に言い当てられて(笑)
教官と主賓と一緒にVIP席に写真が立てられたのを見て
泣きそうになり...。




O氏がここまで頑張れたことが
何より嬉しくて

『何度も生死をさまよいました。
60歳になったらLIVEパーティを盛大にやろう、って
みんなで約束しました。
今日ついに、その日を迎えました。
大還暦男の登場です.....』

高らかに主賓の登場を告げるはずの
その瞬間は感極まり
まさかMCがしょっぱなに泣くわけにはいかないと
ぐっぐっつ... とこらえ。



Attachment-1_convert_20160725221249.jpeg
≪写真ありがとうございました≫



数日前まで悩んだ末、複雑な個人事情で
「MCが出来ない」と断ってきた友人が
本当は誰よりお祝いしたい気持ちにあふれている人でもあり、
MCやりたくて、でもできない
自分が哀しいような赦せないような
複雑な気持ちで
泣きそうな顔になりながら
目の前の席に座っていましたし...。

直前の数日間、
準備することが山ほどあって、
睡眠時間が少なくなり、
緊張して胃が痛くなっていたし。
(会社を辞めてから、胃が痛くなったのは初めてでした-)

詳細に組んだタイムスケジュール。
照明と音楽とMCのタイミングのずれや
進行の手違いなどに焦って
冷や汗もかきながら

それでも
集まった人たちの
O氏へのあふれる愛情と
O氏の嬉しそうな顔が何より嬉しくて...。





ご参集いただき
盛り上げてくださったご来賓に方々に

ノーギャラ(正確には参加費負担-笑)で
熱いステージを見せてくれた
アーティスト達に

一緒に企画準備してくれた
仲間のスタッフに

私のワガママに応えて
リングを制作してくれた
職人軍に

感謝の気持ちでいっぱいです。


そして私は
燃え尽き症候群。
おやすみなさい。

                           -K-







back-to-top