真実の扉

2011.05.18 (Wed)
報道の自由

言論の自由

真実を知る権利

そして

情報の真偽や要否について

自己責任で判断していくことの大切さ



いろんなことを

あらためて考えさせられる

番組を見た





真実を語ってる人は誰?




放射線医学総合研究所に辞表を提出しなければ、

現地へ乗り込むすべがなかった

研究員の話――――



政治主導 という言葉の意味する

今の日本の 陰の部分を 感じた。





それでいいの?




出入り自由で開放的に見える

オープンスペースの奥に

開かずの間がある。

たぶん、真実が隠れている。


なんとなくわかっていても

「自由」という名の踊り場で

「自由」を謳歌しているつもりになっている。

難しいことが理解できない国民としては

それでいいのだ、と思っている時も有る。




開かずの間に何がある?



生死を分けた災害のあと。

人災でないとは言い切れない原子力事故。

真実は閉じられたままでいいのか。


政府は答えるだろう。

国民感情を配慮して....




故郷を追われる人々の

悲痛な心の叫びを前にしてもなお、

善意の「国策」として

真実の扉を閉め続けるのだろうか










事実を確かめ 真実を明らかにし、公表すること


 

その答えを いち早く選んだのは 

残念ながら

政府ではなかった。




政府側の仕事をしていたはずの

一研究員が

辞表を出すことによって

一国民となって、闘いに挑んでいる。



同じ思いの

全国の研究者仲間が協力し合い

そのネットワークで闘いは続けられている。



彼らを支えているのは

たぶん、使命感。




かわいそうだね




二時間の一時帰宅を終えて避難所へ戻る車。


その車に乗った飼い主を追いかけて

ひたすら 追いかけて

「ぱんだ」という名の飼い犬が走るシーンで

私は 泣いた。








   5/20 1:30am 再放送されます。
   NHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」








トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/100-e64ec896
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top