雨の日を歩く

2011.06.08 (Wed)
雨の中歩いて帰った



おかえり



歩道もない国道の脇で

遠慮なく車に

水を掛けられる。


ふだんでも

ななめになっていて歩きづらい路肩で

道路の雨水が

小さな川になって

私の靴を取り囲む。




雨の日が きらい。



雨の日はタイヘン?



だから私は

雨の日に歩くのが 楽しくなるように

お気に入りの 傘をさす。

お気に入りの レインコートを着る。

そして

お気に入りの音楽を聞きながら

気持ちよく

歩く。



楽しくなる?



だんだん、

晴れの日とは違う道になる。


黄色い傘の小さな男の子が

雨音に負けない声で

「コンニチワ」と

言ってくれたりする。


雨に打たれて揺れている

道端のツユクサの紫色に

心を止めたりする。


いつも 

ハイヒールのかかとがひっかかりそうで

大嫌いな側溝の蓋の穴が

水をグングン吸いこんでいる様子に

感心したりする。




雨の日は好き?



雨の日は きらい。

でも

雨の日に歩くのは きらいじゃない。

だから 私は歩く。

できるだけ 

凛として 歩く。






トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/117-b26dbcb7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top