ぶれない心

2011.07.14 (Thu)
他人に惑わされない

ぶれない気持ちを

自分の判断を

大切にしたいと思う。




ぶれてない?



他人のうわさ、

第三者からの 又聞き。



それは、

自分の耳で聞いた事とは違う。



自分の目で見た事実ではない。




だから、

絶対に、

第三者の感情を持って伝わったことに

惑わされてはいけないと思う。



惑わされてない?



ここちいい話、

心洗われる言葉を

他人から伝え聞いたときは、

信じればいい。




でも、逆に

マイナスの感情の入った

他人の批難話を

第三者から聞く時は、


うなずきながら、

相槌を入れながら、


でも絶対に

自分の心の奥にある

審判の部屋は

閉じたままで聞こうと思う。




真実はどこにある?



まるで見てきたかのように

まるで自分が言われたかのように感じて

どんな人なのか 判ったつもりになって、



それだけで

審判を下してしまうのは

間違ってる。



まずは

確かめてみる。



本当に聞きたい事や

解決すべき問題は

必ず、

自分の耳で本人から 聞く。


直接会って

自分の目で判断する。




聞けないなら、会わないなら、

必ず

気持ちの審判は 保留にする。

直接判断出来る時まで。









同じように、


自分が 他人に感じたマイナス感情を

第三者へ押し付けるような伝え方を

自制したいと思う。



口は災いの元。



自分だって、人に誤解されて嫌われちゃ適わないもの。









自分の目、

自分の耳、

自分がその人から直接感じる事

それを判断の基準とする、

ぶれない心を

持ち続けたい。





トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/142-5debb3da
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top