もうすぐ盂蘭盆会

2011.08.10 (Wed)

川沿いの道に

お盆蜻蛉が 低く飛び交い

確実に 逝く晩夏を

惜しんでいるかのようだ。



日本の8月。



今年も

強いメッセージを込めた「平和宣言」は

世界中の言葉で伝えられた。



原発は要らない、と

広島・長崎だからこそ、言える。

広島・長崎だからこそ、言わなければならない。



核兵器の廃絶はもちろん、

「平和利用」ということばで安全神話を受け入れてきた

戦後の我々の過ちを

勇気を持って正すという道。



それが 

広島・長崎から発信されるメッセージだからこそ、

世界が耳を傾けるのだ。





なんで断ったん?
       (京都が断ったん?)


同じように、


私の持つ

京都という町の意味は、深い。

京都への期待は大きい。





被災地の松の護摩木が

京都五山の送り火に使われない。

という発表。


そして
 

数百の抗議の電話やメールを受けてか、

その決定は一日で覆され

あらためて受け入れが表明された。





私の京都への想いが 裏切られたような気がした。




     (断らんかったらよかったのに)




私は、

短い間だったが京都に住んだことが有る。

今でも大好きな、自分にとって特別な町だ。


そうでなくても

京都・奈良は

日本人にとって特別な町だと思う。



仏教の聖地

人々の祈りが届く町であり

鎮魂の鐘が 年中響いている町なのだ。




だから、


被災地の想い、

鎮魂の願いの松は、

京都だからこそ、

気持ちよく受け入れて欲しかった。



日本には

「蚊帳の外」「対岸」ということばが意味するように

当事者でない人間の発言を戒める

古い言い回しがたくさんある。



賛否発言できるのは

京都の人だけ、なのかもしれないが。





     (発言権ないの?)



昨日、

五山送り火保存連合会が「松」を受け入れない

というニュースを聞いた時、



「じゃあ、四国88か所で受け入れてあげようよ。」



誰に呼びかければいいのかも

思いつかないまま、

一人、夫につぶやいていた。



京都・奈良の足元にも及ばないが、

空海さんが歩いた巡礼の聖地を名乗るなら

そのくらいの気概があってもいいのではないか。



四国よ!




ジャンープ!
    (カイくんの熱いジャンプ!)




今年も、

日本人の年中行事

盂蘭盆会が近い。



先祖の魂が迷うことなく

故郷へ帰るための道標として

迎え火が、

全国で灯される。








トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/156-9d5627da
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top