雨上がりの如法寺

2011.12.10 (Sat)




午後、雨が上がり、

厚い雲の縁を橙色に染めて

夕陽が顔を出した時

あわてて、

如法寺さんへ出かけました。




とうちゃんの

病院以外の外出は

ほとんど二週間ぶりです。








夏の如法寺さんは

飛び石と苔のコントラストが美しく

静寂で凛とした空気につつまれた

侘びを感じるお庭です



晩秋の庭は

苔を覆い尽くして

散り敷いた

もみじたちが主役。









朝からの冷たい霧雨が

スワロフスキーの露を添えて

今季最期の彩りを演出していました。











銀杏が黄色くなるように

紅葉が紅く染まっていくように



とうちゃんの体の中から

悪い細胞や 腹水がみんな出て

朱や黄色の色とりどりに

散っていけばいいのに



私の心の奥の奥から

絞り出した澱んだ灰汁が、

彩られた葉になって

手や足の先から

頭の上から

いっぱい落ちていけばいいのに







訪れる冬への覚悟と

春への希望を抱いて

ひらひら

ひらひら

音も無く 

ひらひら







雪が降ったら、

また二人で

ここを訪れよう。







         *    *    *    *    *






持ち帰った紅葉に
興味津々
集結してきたくうとカイ

                    

                    でも
                    食べられないとわかると
                    早々に解散です。
















トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/234-6286c1ec
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top