京都

2012.02.17 (Fri)
かあちゃんは、14日

京都へ出かけました。






とうちゃんが、

かあちゃんなしでも過ごせるように

ぬかりなく準備して

夜行バスに乗り込みます。


かあちゃんがいない丸一日以上を

どうすごせるのか、心配なことだらけです。





15日朝の京都は

とても寒くてビックリでした。



お正月明けに決めた京都行き。

本当は前日まで、「行けないかもしれない」と

思いながら過ごしていました。

でも、とうちゃんはどんなに体調が悪くても

「俺の次の一手は京都のおかざき内科しかない。」といい、

わたしの京都行きを強く望んでいました。

何としてもわたしたちの希望をつなぐために

出かける事にしたのです。


おかざき内科


この病院のことは、

ポコペン仲間のMちゃんから 教えてもらいました。

それから、3日間、

二人で、ネットで調べて考えて、

電話したら、最短で40日後の予約しかとれませんでした。 

それが今日なのです。


初診は11時の受け付け開始ですが、

まず、場所確認の下見をしておこうと、

開錠の9時半を待って、受付に顔を出しましたが、

11時以降に来て下さいと言われ、

(あたりまえだな、)と思いながら

患者さんの一人に教えてもらった

有名な「小川珈琲本店」で休憩しました。


10時45分には

また病院に到着してしまったのですが、

受付の人が「朝から来てた人ですよね」と言って

1番で受付してくれました。


12時半に、

あなたの番は先生の昼休憩食事以降になるから、

食事を取って、13時半くらいにまたきてくださいと

いわれました。

13時半にいくと、

やっと午前中が終わってこれからお昼なので、

少し待ってもらいます、と言われました。

結局、

わたしが呼ばれたのは14時20分でした。


ここまで読むと

ひどい扱いを受けているように思えるかもしれません。



でも、朝から電話は鳴りっぱなし。

今初診を申し込むと二カ月以上先。

夕方来た人は、夜11時ごろになるそうです。


このハードスケジュールを

昭和8年のお生まれの高齢な先生が

こなしておられるのか、と頭が下がる思いでした。


今や、先進医療も高額な悪徳医療もさまざまで、

何を信じていいのかよくわからないのが

現実です。

TVでもあれこれ取りざたされますし

インターネットでさまざまな検索が可能です。

初診料と3回(週一回)の注射で

まずは130万円、というところもありました。

公明正大な先進医療の優秀な病院であっても

本人と付き添い人が週に一回というようなペースで

出かけていくには

財力と、何より本人の体力が必要です。

場合によっては生活の本拠地を変えなければ

不可能と言えるかもしれません。


この病院を選ぶ決め手となったのは、

直近の血液検査のデータや

いままでの治療の経緯を記載したものを

持参し、説明することができる代理人が行けば

お薬がもらえる事。


その薬は先生自身が手がけたお薬であること。


だからこそ、暴利を貪ってもよさそうなものなのに、

「一人でも多くの人をがんから救うために

これほどのハードな仕事に

まったく利を求めていない」という

先生に対するいろんな人の敬意の

ブログや書き込みが決め手でした。



実際、3か月余分のお薬をいただいて、

支払ったのは、7020円でした。

夜行バス片道分です。

抗がん剤とその副作用の治療薬で

毎週万円単位で支払ってきた人間にとっては

驚きのありがたい金額です。



薬をもらえたわたしは、

嬉しくて、その薬をかかえて

四条烏丸へ急ぎました。


因幡薬師さん1


がん封じの薬師如来さんです。

あいにく、4時を過ぎていたので

薬師如来さまを拝顔することはできませんでしたが、

お薬を掲げて、

「どうぞこのお薬が効きますように」と

いつもの私流の決意表明をして
       →願いごと
がん封じのお守りを頂きました。



因幡薬師さん2


夜行バスまでの時間は

たっぷりあります。

薬師如来さんを拝顔出来なかった分、

このまま、道すがら

手当たりしだいにお願いして回ろうと決めて

薬を抱いて、散策開始です。



仏光寺


歩きはじめてすぐ、東にある「仏光寺」さんへ。

もちろん、もう閉門されていますが、

そんなことお構いなしです。


錦天満宮


賑やかな四条河原町から祇園へ、

錦天満宮さんは

開いていました。


大願梅


大願梅を買って、

願いを書き入れます。

木につるす

それを木につるしておくと、

お焚きあげしてくださるそうです。


錦天神2


神でも仏でもお構いなし。

狛犬さんも牛さんにも、

お願いして回りました。

お地蔵さん


お地蔵さんにも立ち寄って、

おしまいには、

修学旅行生のあふれる新京極から、

蛸薬師さんまで足をのばしました。


タコ薬師

もちろん、閉門していますが、

お構いなしです。


京都タワー夜


夜の京都駅。

また、夜行バスで帰路につきます。

とうちゃんには申し訳ないけど、

薬をもらったついでに

休暇をいただいて

旅行気分を味わった、0泊3日の旅でした。





お薬が効く事を信じたいと思います。














トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/273-0a8011a6
トラックバック
コメント
とうちゃん、かあちゃん、お疲れ様です!
この記事、いい情報ですねぇ。

伝えて上げたい人がいるので、
教えてあげたいと思います。

とうちゃん、かあちゃん、ありがとう。
まだまだ寒いけど、風邪引かんで下さいよ。
猿 | 2012.02.17 14:49 | 編集
詳しい情報をお知りになりたいといわれたら、
遠慮なく、わたしのほうへ電話してもらってください。
わたしの知る限りの事をお伝えしますからね。
くうかいのかあちゃん | 2012.02.17 15:07 | 編集
ココ見てからペチペチとググってみたんじゃが、
また凄いお人がおるもんじゃのぉ~!
明後日のポコペンでジャニままがちぃとお尋ねするかも?
そん時はヨロシクです。
こげなお人こそセンセと呼ばれるに値するんじゃろて。
【赤ひげセンセ】はまだおったんじゃ。
感謝感謝。


猿ちゃん>早いこと教えたげてや。
○○さんにこないだTELしたら
インフルに掛かったゆーて
寝込んどられたんで心配じゃわい。
チャビンチ | 2012.02.17 16:10 | 編集
オイラも母ちゃんの動きを見ていて心の底から

《頼むけん、薬よ!効いてくれ!!》

もし、本当に神様がいるなら、助けてください。。

父ちゃんと母ちゃんの幸せがずうっと続きますようにお願いします。

でも、父ちゃんは幸せやな(笑

こんないい嫁さん、滅多にいないよ(微笑

小次郎も幸せ者ですが、父ちゃんと母ちゃんも幸せが続きますように。。
kojirou | 2012.02.17 19:48 | 編集
私達も、このお薬が効くことを信じています...

そして、、、
神様と仏様が とうちゃん と かあちゃん のところへ
さらなる幸せを運んでくださると信じています...
K&E | 2012.02.17 21:28 | 編集
わたしに答えられることは
何でもそうぞ。
一人でも多くの人がささやかな希望を
つなぐことができるように
協力します(^o^)/
くうかいのかあちゃん | 2012.02.18 00:27 | 編集
応援ありがとうございます。
根拠のない直感ですが、
イイ先生とイイお薬に巡り会えたような
気がしています。
くうかいのかあちゃん | 2012.02.18 00:30 | 編集
ありがとうございます。
神様も仏さまもみんな
力を貸して下さると信じてます!
くうかいのかあちゃん | 2012.02.18 00:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top