2012.10.13 (Sat)







言葉の過ちはなかったか


いつも思う。





今日、


あの時。







奢り・嫌み・虚勢


心の闇にはびこる


たくさんの邪鬼を


須弥山の四天王のように


力強く踏みつけて


堂々と胸を張って立っていられたらいいのに。








そして、多分


明日もまた同じ


反省の夜が来る

















トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/365-8cacb4f1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top