雪むし

2012.12.23 (Sun)






    冬の初め

    まるで雪が舞うように白い虫が飛ぶ。

    一週間余りの命。

    北の国では冬の訪れを意味し

    「雪むし」と呼ぶ








Xmasプレゼントを届けに行った。


帰り際
お義母さんは
私を見送りながら
また、泣いた。

季節が変わっても
風が変わっても
彼女の時計は
止まったままなのだろうか






帰り道
いつもの谷沿いの道で
車を寄せた。

ドアを開けると
一瞬で
室内のあたたかい空気が
はぎ取られた。

私は
目の前の山を
全部抱くように手を拡げて
深く
何度も息をする。




そのとき

北風に身を任せて乱舞する
とてもちいさなちいさな
白いもの。

上がったり廻ったり翻ったり
ふうわり ふわり

顔に当たるとか
冷たいといかいう感覚はない

けれど
捕まえようとすると
手に乗る前に
消えてしまう



高い雲の隙間からこぼれおちて
いまここで消えようとする
ちいさな羽虫のような雪なのか


人の体温でも死ぬという
命を燃やして飛ぶ
儚い雪のような虫なのか




深く息をする事を忘れて
正体の見えない
白く清んだ儚い舞いに
見惚れてしまった







今日私は、
馴染みの店で
馴染みの店員に声を掛けられた。



「ずいぶんお久しぶりですね。今日は一人?」


「いえ、一緒です。
たぶん、その辺に居ると思います。」



笑顔で上手な受け答えが
できるようになった。


8か月。


私の時計は
止まってはいない。







凛とした
山の空気を
もう一度 胸いっぱい吸い込んで、
また、車に乗り込んだ。

フロントガラスに
霧のような
細かい水滴がついていた。



ねぇ.....


今年は
WhiteXmasになりそうだね








 





トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/394-72f43e01
トラックバック
コメント
胸がきゅーっと締め付けられてしまいました。
今日は、ホントにホワイトクリスマスになりましたよ。

merryChristmas☆
たか | 2012.12.25 00:19 | 編集
いつも訪問ありがとう♬
クリスマスって、いくつになっても
いいもんですね〜。
くうかいのかあちゃん | 2012.12.25 12:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top