サンタとトナカイとカイ

2012.12.24 (Mon)




サンタクロースって
本当にいるんだろうか。


朝から、白い物が 
窓の外でチラチラして
気になって気になって仕方ないボクは
目でそれを追っかけながら
考えていた。


DSC_0495_convert_20121224224943.jpg



でも
ホントに来たから驚いた。



煙突じゃなくて、
玄関から「ピンポーン」って鳴らして
サンタクロースがやって来た。



玄関の靴の匂いを確認。
不思議と、知ってる匂いだ。



そのサンタさんは、
トナカイくんじゃなくて 女の人を連れてきた。


偽物か?

いやいや トレードマークの赤い帽子。
似合いすぎる。

確かに、サンタだ。



じゃぁ
女の人のように見えるけど、実はトナカイくんなのか....。



固まって、ガン見した。


トナカイくんもボクのことを、じっと見ている。



ちょっと疑問は残るけど
とにかく
かあちゃんが楽しそうだから、
どっちでもいいか。







サンタと、
女の人の変装をしたトナカイくん
(ボクは一応、そう断定した)
が帰って行ってから、
届いた赤い花を
二人揃って、ゆっくりチェックした。


判らない人のために言っとくけど、
背中の黒アゲハがきれいに見えるのがボク。
「カイ」です。






かあちゃんは、嬉しそうに
いろんなものを出してきて、花の周りに並べ始めた。


三人組の聖歌隊は
かあちゃんが9歳のときに
かあちゃんのおとうさんが長崎から買ってきた
大切なお人形なんだって。
かあちゃんには言わないけど、
それってほとんどアンティーク?


それから、ボクらは
御馳走にありついた。

初めての、生のお魚。


激うまっ。


それから、
いつもの
おじちゃんと おばちゃんがやってきて
ネズミを置いて行ってくれた。



「チョロちゅ-」面白すぎ-っ。








あんまり遊んでいたら、

もう寝なさい----って
ばあちゃんが号令をかけた。
はいはい。
ボクたちはケージに入ります。


サンタも見たし、
御馳走食べたし、
プレゼントもらったし、
かあちゃんが
何より楽しそうだったし。


みなさんも素敵なXmasを!
おやすみなさい。











トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/395-03a14ecf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top