悔過  -keka-

2013.01.08 (Tue)







   大和は
   国のまほろば










その

大きな たなごころに

赦しを乞う人の足音が

千年以上 止むことはない








貪欲  いかり  愚痴


三つの毒によって穢れた

万人を祓うために


だったんの大松明を

振り走る僧がいて


その

火の粉を求めて

集まる人がいて










ただ蓮華座の下から

手を合わせるだけの

私がいる









   たたなづく青垣
   山ごもれる
   やまとし
   うるわし












トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/400-5f138e0b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top