いちご白書

2013.01.26 (Sat)



分類:
      バラ科オランダイチゴ属

原産地:
      北アメリカ地方、南アメリカ地方

季節の分類:
      冬春

種類:
      さちのか とよのか とちおとめ 紅ほっぺ あまおう ひのしずく 女蜂 など

主な栄養成分(可食部100g中):
      ビタミンC(62mg)、 葉酸(90mcg)、食物繊維(1.4g)

注目成分:
      アントシアン

主な効能:
      風邪予防、美肌効果、貧血予防、高血圧予防、動脈硬化予防 など

おいしい食べ方:
      イチゴはへたとは反対側の先端(果頂部)のほうが糖度が高い。
      大きいイチゴはへたを持って食べるよりも、先にへたを取って、
      へた側から食べると最後まで甘味を感じられる。








彼はイチゴが好きだった。

去年の今頃、

私は毎日 イチゴを買った。




食べなくなってからも

「もうすこし、痛みが取れたらイチゴを食べるよ。」

笑いながら、何度もそう言った。






今日は

そんな彼の誕生日。




みんなから、届いたお祝い。












トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/407-7e886366
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top