無為の為

2013.03.02 (Sat)







「アフリカゾウの涙」という記事を読んだ。



自国の裁量に

疑問を感じ、



写真を見て、

慟哭した。


    http://ryumurakami.jmm.co.jp/dynamic/report/report21_3082.html








日本国は、

アフリカ象の保護を目的に?

「合法的」な方法で

何十億という大金を支払って大量に象牙を購入した。



その結果

アフリカ象の密漁が加速し

絶滅の危機を迎えつつあるという。



殺したのは私たち。











数年前、

小さな島国の私たちが、

自分達のふるさとの川を汚さないため

最良の方法と信じて

ヤシの実成分からできた

洗剤を使用することが流行った。




自然保護を意識した

見識高い主婦のステータスかのように

誇らしげに。




その結果、

東南アジアの密林が伐採され

チンパンジーたちが

森を追われた。



森を奪ったのは

私たち。












現代社会の

利便性最優先の経済を

追求し続ける限り、

地球上の195カ国と

71億の人間が選ぶ道は

心ならずも好ましい結果を生まない。




時に

「必要悪」という

便利な言葉と引き換えに




地球の未来を

自分達の未来を

すり減らしている。























トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/418-5339f1ae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top