空のこと

2013.06.17 (Mon)






「あなたの見ている空と

    私の見ている空は

       同じ色なのかな?」




昔、

そんな質問をして

とても哀しい顔をされてしまったことがあった。










今日の夕刻の空も

きれいな色をしていた。




山の端の残照

あるいは

そこから続く雲の清明さと

確実に迫る来る

黒と紫の濃淡の闇。






ああ、違う、そうじゃない。






綺麗な空に出逢うたび

私は、

この空を表現するにふさわしい言葉を

持ち合わせていない、と

気付かされる。



自分の言葉の限界を

思い知る。












そして、




もし、私が

今、この瞬間の空の

美しい色や様を

充分に伝える言葉を

手に入れたとしても




となりで一緒に空を見ている

大切な人が、

自分と

同じ色を見ているかどうか

確認する方法は

ないのだ




















トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/449-df437ef7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top