紅まどんなの歌

2014.01.05 (Sun)






風は海から

潮の香りで

私を包む



誰にも邪魔されない今日を

誰にも予想できない明日を

一人熟れてゆくの








私を欲しいなら

その胸に潜む

ナイフを出して










あぁ待ちわびたこの時

愛は私たちを濡らし

しぶきになる









薄い皮膚が私の証


紅い紅い紅い

マドンナ






    暇な日曜日のひとり遊び。
     完成の勢いで、バンドメンバーにLINE。
     もしカッコイイ曲になったら、
     きっと えひめ中央JAが放っておかない
     と思う(笑)





トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/481-48508bd2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top