青春の墓標

2014.10.27 (Mon)
私は、同窓会に出ない。

母校の校舎が壊されても
さほどの感慨もなかった。

そんな私が

ただ、
この建物が壊される。
今日で
その灯りが消える
という事実に

哀しいとも違う
切ない だけでもない
言いようのない思いがあふれて

心の中に
終止符が
無理やり打たれるような痛みで
涙になる




常連仲間で店の改装工事
モルタルを塗り
思い思いに
手形やサインを入れた
30年前
店の隅っこの
私の小さな名前

ちょっぴり失恋の日
マスターのかけてくれる
キースジャレットを聴きながら
大人になった気がした

変な人に追いかけられた日
店に逃げ込んで
何時間も隠れていた

破れかぶれの日
夜明け前まで
飲んで吐いてまた飲んで
泣いて踊った

あの人とも この人とも
ここで出会って
語りあった
すべて
ここから


間違いなく
私の青春が
ここにあった






来年には
新しい橋が架かり
私の青春の墓標となる









トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/521-eb5808cc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top