ほんとうの「正義」

2015.03.05 (Thu)


不意打ちで
「精神的暴力」を受けた。

だから、
SNSの「おともだち」を
一人、削除させていただいた。






SNSを開いた瞬間に、
その人のタイムラインにリンクした
残酷な動物の画像が
画面にあらわれて

私の心臓は
痛みを伴う衝撃で
オーバーでなく、止まってしまいそうだった。

心拍数が上がり、
激しい怒りが
収まらないまま
寝付かれない夜を過ごした。

その「おともだち」は
動物愛護の立場で
捨てられたペットの保護や
飼い主さがしをする団体に
参加しているらしい。

だから
正義感にあふれる気持ちで
「こんな酷いことはやめよう」という投稿なのだろうけど。

拡散ネタ用のバイラルメディアから
発信された
真偽も真意も確認できないような
残酷な画像を
SNSに直接リンクして拡散させるという行為は
無責任だし、
悪意や商算があって作成された記事だとしたら
片棒を担いだことになる。

そして何より
見たくない人には「暴力」だ。

私は
こういうものを
「見せられない権利」を主張する。







本当の「正義」って何だろう。

考えさせられた。







トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/536-16d0e1a2
トラックバック
コメント
コメントありがとうございます。
ある人にとっては大義名分ある正義であっても
もう一人には暴力、そういうことがたくさんありますね。別の人の立ち場に立って想像し判断できる人間でありたいと切に思います。
くうかいのかあちゃん | 2015.03.10 01:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top