尊厳

2016.08.01 (Mon)





19人を殺害したという凄惨な事件関連のニュースを見ていた。






少しだけ、容疑者の気持ちがわかる。
私も毎日、この人たちは本当に幸せなんだろうかって
考えていた。
容疑者も真剣に入居者と向き合って
真剣に考えたことがあった、ってことだ。

と、かつて
重度障害施設に勤務した経験を持つ母が
小さくつぶやいた。





美味しいとは言ってくれない人に
季節先取りの食事を提供する、

笑顔を返してはくれない人や
暴力的になる人に
笑顔で話しかけ続ける、

楽しそうに見えない人の車椅子を押して
買い物に行き、
支給されたお金を使うために
欲しいと言ってもいない服を買ってあげる、

家族に愛されている人ばかりではない。
お正月にも帰る家のない人たちが
大勢いる、と思えば
亡くなった後、
本人に支給されてきたお金目当てに
親戚が増えることもある、

福祉とは
介護とは
園のあり方とは
人らしく生きることとは、
幸福とは.....




私はそんな経験をしたことがない。
だから、容疑者の心理を分析することができない。

同情することは決してないが
一刀両断に非難して悪人呼ばわりする気にもなれない。





ただ、

幸せを
他人の尺度で量られない権利

それが人間の尊厳なのではないか、
 
そう思った。





トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/582-7bb7a3ba
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top