理由

2016.12.12 (Mon)





光輝く人がいる。

その一方で
決して
センターに立つに相応しいオーラを
持つことが出来ない個性もある。





「なぜ、ステージに立とうとしないのか」

その質問に
「立てる自分ではないと思うから」
と答えた。


こんな脇役向きの自分が
誰かの
貴重な時間や
お金をいただいて
その空間を支配し、
交わることが赦される
理由

あるいはそれが
赦されないと知りながら
それでも自分を正当化できるだけの
理由


その
どちらかが解るまで






ステージは遠い










トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/592-f1ee35d7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top