46年

2017.06.07 (Wed)





「非公然」


名詞として扱うと
「中核派」「革マル派」「赤軍派」....
そういう非公然活動の団体、人を
指すこともあるらしい。

昭和30年代に生まれ、
新聞販売店に育った私は
好奇心にあふれた多感な時期に
新聞の一面を飾っていた
これらの組織の略称名詞を
よく覚えている。

「中核派」という組織が
起こした事件の
主犯格とおぼしき人物が逮捕された。

46年間
お尋ね者のポスターに写真が掲載され
賞金もかけられていた人だ。

極左といわれる
この組織の思想も活動方針にも
興味はない。
もちろん
活動に参加したことがあるわけでもない。

ただ
46年を
長い時間だと思った。





私の読書対象が
おとぎ話から現代私小説文学に
大きく舵を切ったのは
小学6年生の時だ。

当たり前のように
学生運動に傾倒し
ヘルメットと覆面の三角巾をして
ゲバ棒を振り回しているかと思えば
純喫茶の窓辺の席で
ボードレールの詩集を読んでいる女学生に
ココロ惹かれていたりする
そんな主人公たちの
眩しい青春の日々が繰り広げられる
現代私小説の世界。

その
何かに抵抗するように生きる
エネルギッシュさと
自由な時間を贅沢に持っているのに
金銭的には貧乏な
「大学生」という あいまいな時間と
その背景となっている東京という街に
漠然と憧れる少女だった。

自分も19歳になったら
東京の片隅の安アパートに棲む
貧乏大学生になって
学生運動をしているのだと
思っていた。

だが
実際に19歳の私は
東京には行けず、
京都の学生になった。

学生運動家たちの抵抗するものは
すでに国のあり方や社会の思想ではなく
学費問題や研究費の使途追及などになっていた。
キャンパスの隅っこで
独特な文字で看板を描いているだけの
活動家たちに
魅力を感じることはなかった。





彼ら非公然活動家に
目を光らせているのは「公安」。

「公安」こそが、
非公然な活動と言えるのかもしれない。

こうした非公然活動団体に詳しい協力者や
工作員を潜り込ませる
スパイ活動も含まれていたりするらしい。

「公安」の一員であることは
家族にも知らされない。
家族と写真も撮らない
写真の嫌いな偏屈パパ(ママ)としての人生を送り、
秘密は墓場まで持って行くのだそうだ。

いずれにしても
一つの事件の背後に

息をひそめて逃げ続ける人と
家族にも秘密のまま
隠れた男を追い続け、退職を迎えた人

その両方の
46年分の人生があるということに
言いようのない重みを感じた。








トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/601-8db968b8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top