保険のこと

2011.04.27 (Wed)
いまさらだけど
かあちゃんは
保険のこと
すこし考えた。

政府は地震保険のあり方を
根本から考え直す時が来た、と思う。

かあちゃんは、
少しだけ、
一般の人より、保険に詳しい。



      ねぇ

火災保険だけでは、
地震・噴火・津波による損害は補償されない。


それを補償する
地震保険というものは
国の政策の一つで
政府の機関と保険会社が共同で引き受けている。


生活している建物か家財に
火災保険を契約した人だけが
その契約保険金額の30%から50%の範囲内で
地震保険に加入する事が出来る 
ということになっている。

そもそも
本体の火災保険には
時価で契約する方法と新価で契約する方法がある。

15年前に3000万円で建てたマイホーム
経過年数に応じて減価償却した現在の価格、
仮に20%減額として、
2400万で火災保険をつけた場合、
地震保険は1200万円まで契約できる。

同じ15年前の3000万円のマイホームに
新価で契約する場合は
今、建てなおすことができる価格、
たとえば、15年で物価が10%上がっていれば
建てなおすためには3300万がかかる訳だから
3300万円の火災保険を契約する。
その場合の地震保険は1650万まで契約できる。

何か変じゃない?
そもそも、なんで50%までなの?
それじゃ、
マイホームを建て直せないじゃん!って思うでしょ。


むずかしいね



そもそも国の考えた地震保険の目的は
マイホームの「建て直し」ではなく、
当面の生活の「立て直し」のための一時金
ということらしい。


火災保険以外でも
傷害保険や自動車車両保険など多くの保険が
フツーに契約している限り
「天災は不担保」の契約になっている。



ふーん

うーん
地震に遭った人の
生活立て直しのための一時金なら、
建物や家財の火災保険にセットでなきゃ契約できなくて
しかも
火災保険の金額によって限度が決まる、って
変じゃない?

契約金額に応じて保険料を払ってるにしても
これって平等なのかな?





そこで、
かあちゃんは考えた。

お国の偉い人!良く聞けよ~



みんなの幸せ




****「天災による被災者の生活立て直し保険」****

家や家財の火災保険とは切り離して
世帯単位で加入する保険にする。

<補償の対象>

地震に限らず、
「天災」が原因の罹災証明発行された場合や
台風・洪水などで
「災害救助法」の適用を受けた地域。

<補償内容と保険料①>

自分の家が全損したら1000万 半損で500万
借家の人の家財の全損は200万 半損は100万

保険料は世帯月額3000円

<補償内容と保険料②>

家族に死亡した人がいたら、
一人1000万
家族が天災が原因で仕事を失ったら(収入が途絶えたら)
月額15万円最高6か月。

保険料は世帯月額2000円

フルプランに加入すると、
世帯月額 5000円 年間60,000円である。

その代り、家族全員が亡くなったら、
生活は立て直す必要がないので
支払いは受けられない。

家と両親を失った子供には
5000万円遺される。

もちろん
所得税や地方税の年末控除の対象にしよう!

どうだろーね
全く採算性が疑わしいが、
発想の起点は間違っていない気がする。

 

今回の震災で学びつつある事、
それは
大災害の時、
今の赤字財政の日本国政府には
本当の意味で助けてもらえそうにない
ということだ。

どんな手をうつにしても結局
国民の負担になる。
「痛み分け」という美しい日本語に
オブラートされて。

地震国、日本。
天災にも人災にも国災にも負けないために
国民ひとりひとりが自助努力をしよう。
その自助努力報われる保険の仕組みを作り直そう。

それこそが
本来の保険なんだけどね。



がんばるぞ、おーぅ!






トラックバックURL
http://oserashi.blog79.fc2.com/tb.php/83-4cd64760
トラックバック
コメント
>発想の起点…
なるほどなぁ。。。

>自助努力報われる保険の仕組みを作り直そう。
いちいち納得です!

入る側の立場にある契約(限度額)ではなく、
営む側の立場で組まれた%でしかない…とか思えてねぇ。

また、その率も一体誰がどうやって決めとんのか???
自助力乏しい浮き草族には判らん事ぎりで…

かあちゃんの、極めて解り易いプラン開設、
感心しとる場合じゃないんやけど、でも感服です。
猿 | 2011.04.28 03:00 | 編集
ご支持いただき、痛み入ります。(^-^)
しっかし、
草木も眠る丑三つ時に
真面目なコメントを入れてくださる猿さんって
いつ寝てるの???
くうかいのかあちゃん | 2011.04.28 21:02 | 編集
ずっとずっとずっと
あたちも変だ!と思ってました!

これだけもしやのときの…
みたいな保険がある中。

今回の被災地の方で
きちんと保険に助けられた人なんて
いないような気がする。

この保険ならはいる!
ユウ | 2011.04.30 00:27 | 編集
ご支持いただき
ありがとございます。
前へすすむ力になれるような
保険はないものかと
思うこのごろです。
くうかいのかあちゃん | 2011.04.30 20:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top